当たり?ハズレ?花屋めぐりはランチの後で

玄関に飾ってある花を新しいもにのしようと思い、雨上が上がるのを待って、花屋に行きました。
最近、花屋に行って思うこと、花の名前が全く表示されていないことです。
私は、いつも花を指差して注文しています。名前が表示されていたら、花の名前も覚えるし、店員さんにも伝わりやすいと思うのですが。指を差しても「これですか?」「それじゃなくて、奥の黄色です」というやりとりを何度か繰り返すこともありますし。
花の名前だけじゃなく、価格も書かれていない花屋もあります。数種類買いたいときは、いちいち価格を尋ねるのも申し訳なくて。
店員さんは当然分かっているのでしょうが、表示されている方が、すべてがスムーズにいく気がします。
また別の個人商店のような花屋に行った時は、花の入っているバケツの水が緑に濁り、葉は枯れ変色して、半分以上しんなりしていました。
また茎の下から15センチはぬるぬるしていて、確かに安かったのですが、今後は行かないと思います。
購入したお店によって、どれくらい長持ちするかも変わってきますね。
上手に生けてある花を見ると、写真を撮りたくなります。好きこそ物の上手なれと言いますが、ほんのちょっとでも上達したいです。お金借りるならどこ